2017年度 事業報告

サポセンのアイドルさが丸のイラストです。 ボランティアチャレンジスクール

【2017年度受入団体募集】
夏休み期間中、相模原市内在住・在学の中・高校生に地域に密着したボランティア活動を体験してもらう「ボランティアチャレンジスクール」のボランティア受入団体を募集します。
■期間
  7/22(土)9:30〜 オリエンテーション
  7/26(水)〜8/17(木) 数日間の体験受入れ
  8/18(金)9:30〜 まとめの会(体験報告と反省など)
    ※原則、上記全てのプログラムにご参加ください。
■申込
  5/12(金)までに電話、FAX またはE-mail にて申込み
■詳細はチラシ・団体申込書【pdf】をご覧ください。

【2017年度参加者募集】
市内在住・在学の中・高校生を対象に、福祉、子ども、国際交流、環境、まちづくりなどの分野でのボランティア体験の機会を提供するプログラムです。中学生、高校生の皆さん、奮って参加しましょう!
■日程・会場
(1) オリエンテーション 
   7月22日(土) 9:30〜12:00 あじさい会館
(2) 体験期間
   7月26日〜8月17日の数日間 市内・近郊
(3) まとめの会
   8月18日(金) 9:30〜11:30 あじさい会館
■定員   100名
■募集期間 2017年6月15日(木)〜7月7日(金)必着
詳細は下記をご覧ください。
■募集チラシ【jpg】  ■応募フォーム【jpg】  ■受入先一覧【pdf】

【実施報告】
 今年は、市内42の団体・施設(内、サポセン登録は11団体)の皆様に、65名の中・高校生を受け入れていただきました。中には天候不良により活動が中止となった団体もありましたが、各分野の様々な活動を中高校生に体験してもらうことができました。
 参加した中高校生からは「人の役に立てることの喜びを知った。」「いつも見て知っていることとは違う視点から物事を見ることができた。」等の感想が寄せられています。10月発行の報告書を兼ねた感想文集はサポセンにて閲覧できますので、ぜひご覧ください。
 中高校生の受入れにご協力いただきました団体の皆様、ありがとうございました!

1.目 的
 夏休み期間にボランティア活動を体験したい市内在住・在学の中学生、高校生を対象に、福祉活動や国際交流活動、環境・教育活動などのプログラムによるボランティアや、多様な市民活動を体験する機会を提供するために、相模原市市民活動中間支援施設連絡会及び相模原市青少年学習センターの協働事業として開催する。

2.主催
 相模原市市民活動中間支援施設連絡会(通称:相模ボラディア)
 相模原市青少年学習センター
 <相模ボラディア構成団体>
 ・相模原市社会福祉協議会ボランティアセンター
 ・さがみはら国際交流ラウンジ
 ・さがみはら市民活動サポートセンター

3.内容 
 オリエンテーション(ボランティアの心得、保険についての説明等)
 ボランティア体験(市内・近郊の各所にて、異なる分野2つ以上)
 まとめの会(ワークショップ)

4.参加者・修了者
 参加者:65名 (内訳 高校生52人、中学生13人/男12人、女53人)
 修了者:61名 (2つ以上の分野を体験+感想文提出)

5.体験分野・受入団体数
 7分野:高齢、障がい、こども、地域、環境保全、国際交流、その他
 42団体:高齢5、障がい3、こども15、地域8、環境保全5、国際交流3、その他3

6.サポートセンター登録の受入団体:4分野11団体
 こども(4団体)
 ・相模原おもちゃドクターの会
 ・NPO法人 なないろ(なないろキッズルーム)
 ・特定非営利活動法人 ひまわりの会(西橋本保育園)
 ・理科で遊ぼう会
 環境(5団体)
 ・F・Cボランティア
 ・カワラノギクを守る会
 ・特定非営利活動法人 相模原こもれび
 ・特定非営利活動法人 自遊クラブ
 ・一般社団法人 倫理研究所 家庭倫理の会相模原市
 国際(1団体)
 ・認定特定非営利活動法人 WE21ジャパン相模原
 その他(1団体)
 ・特定非営利活動法人 スポーツクラブ相模原(SC相模原)

◇オリエンテーションの様子
  
  

◇活動の様子
  
  

◇まとめの会の様子
  
  
 

サイト内全文検索


外部リンク

協賛企業

※バナー広告募集中

ページのトップへ戻る