2016年度 事業報告

サポセンのアイドルさが丸のイラストです。ボランティアチャレンジスクール


開催日時 1)オリエンテーション 
  7月3日(日)9:30〜12:00
2)ボランティア活動体験
  7月21日(木)〜8月18日(木)
3)まとめの会
  8月19日(金)9:30〜11:30
開催場所 1)あじさい会館 6F 展示室 
2)市内・近郊の希望活動場所
3)あじさい会館 6F 展示室
目的 夏休み期間にボランティア活動を体験したい市内在住・在学の中学生、高校生を対象に、福祉活動や国際交流活動、環境・教育活動などのプログラムによるボランティアや、多様な市民活動を体験する機会を提供するために、相模原市市民活動中間支援施設連絡会及び相模原市青少年学習センターの協働事業として開催する。
主催 相模原市市民活動中間支援施設連絡会(通称:相模ボラディア)
[構成団体]
 ・相模原市社会福祉協議会ボランティアセンター
 ・さがみはら国際交流ラウンジ
 ・さがみはら市民活動サポートセンター
相模原市青少年学習センター
サポートセンター登録の受入団体 NPO法人太陽の村 / NPO法人ひまわりの会(西橋本保育園) / NPO法人なないろ(なないろキッズルーム) / 理科で遊ぼう会 / NPO法人自遊クラブ / F・Cボランティア / NPO法人相模原こもれび / カワラノギクを守る会 / (一社)倫理研究所家庭倫理の会相模原市 / NPO法人WE21ジャパン相模原 / NPO法人 相模原プレイパーク・子どもの居場所ネットワーク / WFWPさがみはら/ 特定非営利活動法人スポーツクラブ相模原(SC相模原)/相模原おもちゃドクターの会


【受講対象者・定員】
市内在住・在学の中学生、高校生・100名(応募多数の場合は抽選とする)
【参加者・修了者】
参加者:42名 (内訳:高校生24名、中学生18名/男子11名、女子31名)
修了者:33名 (2つ以上の分野の活動を体験し、感想文を提出するという条件を満たした者)
【体験分野・受入れ団体数】
7分野(高齢、障がい、こども、地域、環境保全、国際交流、その他)
47団体(高齢4、障がい4、こども18、地域9、環境保全5、国際交流4、その他3)

平成28年度ボランティアチャレンジスクールでは、相模原市内の47の団体・施設の皆様に、42名のボランティアを受け入れていただきました。2つ以上の分野の活動を体験し、感想文を提出した終了者は、33名でした。8月19日の「まとめの会」では、気づいたこと、困ったこと等を振り返りながら各々の体験を共有するワークショップを行った後、修了証が授与されました。出席された団体・施設の皆さんの言葉にも、皆、熱心に耳を傾けていました。  報告書を兼ねた感想文集『わくわくドキドキ体験記』は10月に発行しました。サポートセンターに閲覧用を用意していますので、ぜひご一読ください。



サイト内全文検索


外部リンク

協賛企業

※バナー広告募集中

ページのトップへ戻る