2016年度 事業報告

サポセンのアイドルさが丸のイラストです。2016年 さぽせんキッズタウン 

開催日時 2016年7月31日(日)10:00〜16:00
開催場所 けやき会館2F 大研修室、3F さがみはら市民活動サポートセンター
3F セミナールーム1,2、第1中会議室
主催 さがみはら市民活動活動サポートセンター
企画/運営 さぽせんキッズタウン”ゆめみはら”2016 実行委員会
後援 相模原市教育委員会、相模原市自治会連合
参加者 266名 (小学生 137名、おとな79名、保護者・見学者50名)
出展者 25団体 (市民活動団体 11、企業 7、行政関連機関 7)


「さぽせんキッズタウン」“ゆめみはら”が、さがみはら市民活動サポートセンターで開催されました。
キッズスタッフをはじめ
137の子どもたちが参加。社会の仕組みを子どものから学ぶことはとても貴重な経験。市民活動団体とも世代を越えて交流できました。

【参加された方の声】

キッズスタッフの感想
「良かった事」
・みんなが笑顔で帰ってくれて、うれしかった。 
・社会の仕組みがわかってよかった。

「大変だった事」
・おむすび屋さんのアルバイトをした時、売れなかったのが悔しかった。
・じゃがいもの皮むきが大変だった。

「こうすればよかった事」
・2階と3階どちらの場所にも、それぞれが分かる地図があったらいいと思った。
・お仕事紹介所が混むので、もっと窓口を増やした方が分かりやすいと思った。

保護者の感想
・「
知らない学校の子が前より多かったので、色々な子と話すようにしたよ」と聞いてそんな心配りが出来るようになったのかと、うれしくなりました。
・キッズスタッフをきっかけに「挑戦したい」「やってみたい」と思うことが増えたようですし、しり込みしなくなったように感じます。


企業・団体の感想
「参加してよかった事」
・いつもと違い真剣な顔の子、何か生き生きしており子どもたちの仕事ぶりは素晴らしかった。

「世代間交流について」
・子どもの目線になる事で、言葉の選び方等”専門用語”を理解しやすく言いかえる機会が与えられる。
・保護者が入れない事がすごくいい。子どもが自分で考えて行動することは本当にいいことだと思う。

 

サイト内全文検索


外部リンク

協賛企業

※バナー広告募集中


ページのトップへ戻る