2015年度 事業報告

サポセンのアイドルさが丸のイラストです。平成27年度利用者懇談会&交流会・パネル展示会

開催日時 1. 2016年2月20日(土)14:30〜17:30 ・18:00〜19:30
開催場所 1. けやき会館2F 大研修室 (利用者懇談会)
2 産業会館3F   大研修室(交流会&パネル展示会)
テーマ 【利用者懇談会】
1. 2015年度のサポートセンターの事業報告
2. パネルディスカッション&意見交換会
   テーマ:メンバーを増やす、そのヒント!
3. 事務連絡
   ロッカー・レターケース利用団体の発表
【交流会&パネル展示会】
受講者 1.利用団体     :52団体、78名
2.市民協働推進課 :3名
3.スタッフ      :10名      計 91名
費用 無し

■チラシはこちら[pdfファイル]

◆利用者懇談会

年度末の多忙な中、利用団体の皆さん、市民協働推進課、スタッフなど総勢91名が参加した。



■第一部 「平成27年度のサポートセンターの事業報告」 
団体出席者の約3分の1の参加者とが初めての参加ということもあり、参加者は、熱心に事業内容に耳を傾けていた。事業報告を通じて、センターが担う役割をご理解して頂けた。また、FMさがみでの市民団体紹介、センター長補佐の配置などの新たな取り組みも紹介した。
<報告への団体からの意見>
・センターがこんなに広範に事業展開をしているとは驚いた。ありがとうございます。


第二部「パネルディスカッション&意見交換会
   テーマ:メンバーを増やす、そのヒント!」 

メンバーを増やすことは、すべての団体さんの課題。活発に活動を継続し、会員も増えている『シニア活動の森』、『パラボラ相模原』、『F・Cボランティア』の皆さんからの実体験に基づいたお話しは、内容がとても分かりやすく、参加団体の皆さんには、今後のメンバーを増やす取り組みを進めるのに大変参考になった。11のグループに分かれての活発な意見交換は、他の団体の取り組みを学ぶ大変貴重な機会でした。皆さんで話し合った「実行できること」を、是非、各団体で、実行してほしいし、その成果を共有する場も考えて行きたい。
<メンバー増やす為のヒント>
・知名度アップが必要  市・教育委員会の後援  時流に乗る  おもしろい事  得する事     熱い思い  活動が分かりやすい事  長く続けること  他団体との交流連携  





◆交流会・パネル展示

今年は懇談会終了後に、場所を産業会館3階の大研修室に移して、交流会を開催。
食事を囲みながらの歓談の他、相模原市レクリエーション協会の方のリードでゲーム等で盛り上がりました。
広範には、各団体が工夫を凝らして作成したパネルの表彰式もありました。
短い時間でしたが、他の団体さんとの交流で盛り上がった一時を過ごしました。。
                





<所感>
・パネルディスカッションは、登壇者の熱意もあり、大変良い企画であった。
・メンバーを増やす為に話し合った成果を、どの様にフォローしてゆくかが課題
・わいがや横丁、お楽しみプレゼント(事務用品等)は、概ね好評だった。
・悪天候にもかかわらず多くの方が参加された。年に1回の懇談会の意義を理解して頂いている証し、ありがとうございます。

サイト内全文検索


外部リンク

協賛企業

※バナー広告募集中

ページのトップへ戻る