2015年度 事業報告

サポセンのアイドルさが丸のイラストです。「NPOの魅力を伝える広報術」

開催日時 1. 2015年6月30日 13:30〜16:00
2. 2015年7月10日 13:30〜16:00
3. 2015年7月30日 13:30〜16:00
開催場所 1. さがみはら市民活動サポートセンター会議室(けやき会館3F)
2. さがみはら市民活動サポートセンター会議室(けやき会館3F)
3. さがみはら市民活動サポートセンター会議室(けやき会館3F)
テーマ 1. 「メディアとの付き合い方」
2. 「効果的な伝え方」
3. 「WEBの活用法」
ゲスト 1、相模経済新聞/中尾氏、(株)タウンニュース社/三原氏、 (株)エフエムさがみ/竹中氏
2. こざ企画/グラフィックデザイナー小崎氏
3. (有)コウチャ/藤田氏
受講者 1. 20名
2. 17名
3. 8名
費用 各回 500円

■チラシはこちら[pdfファイル]

<事業趣旨>
市民活動団体(NPO)の課題の一つに情報発信が挙げられます。団体の「想い」を伝える重要な手段であるにもかかわらず、そのノウハウが不足しているため、効果的な広報が十分に行われていないのが実情です。
そこで、「メディアとの付き合い方」「効果的な伝え方」「WEBの活用法」の3つの視点から、NPOの魅力(想い)を伝える広報のコツについて学び、団体の広報力アップを目指して本講座を企画した。

■「メディアとの付き合い方」 6月30日開催
第1回は、新聞、タウン誌、FM放送局等、各メディアの方々に集まっていただき、メディアはどんな情報を求めているのか?また、どんな情報に魅力を感じるのか?アプローチの方法は?など、それぞれの立場での情報収集に対するポリシーを直接伺った。メディア側の考え方が分かり、今後の広報活動に役立てていけると好評でした。

 

       


■「効果的な伝え方」 7月10日開催
第2回では団体のパンフレットやチラシは、共感を得られるフレーズと視覚に訴えるデザインがポイントとなります。今回はプロのグラフィックデザイナーをお迎えし、「伝えるためのデザイン」を学びました。一番伝えたいことをいかに上手に伝えるか。他の方の作られたチラシの添削も色々な意見が出て、勉強になりました。


こざ企画 グラフィックデザイナー 小橋 直利氏

■「WEBの活用法」 7月30日開催
Webを使った情報発信。相模原市の地域ポータルサイトを例に、HPやブログ、Face bookなどITを活用した情報発信について、それぞれの特徴やニーズに合った効果的な使い方を学びました講師の方がわかりやすく例えを含めた説明でさくさく聞くことができ、将来自分でHPを作ろうという気持ちになりました。


(有)コウチヤ 藤田 実 取締役

<所感>
広報に携わる実務者や専門家から直接に、情報発信のポイントや押さえどころの話を聞き、学ぶ所が多い講座となった。参加者から多くの高評価を頂きました。今後もNPOの魅力を伝える講座を開講し、市民活動団体の情報発信力のアップにつなげたいと思います。

サイト内全文検索


外部リンク

協賛企業

※バナー広告募集中

ページのトップへ戻る