2014年度 事業報告

サポセンのアイドルさが丸のイラストです。ミニミニ利用者懇談会 さが丸Cafe <第21回>

開催日時 2014年7月16日(水) 14:00〜16:00
開催場所 さがみはら市民活動サポートセンター 会議室
テーマ 想いをかたちに! コミュニティの場のつくり方 Part2
ゲスト アダージョ(高橋由香子さん)
参加者 9名
対象 市民、NPO法人、市民活動団体、市民活動や協働事業に関心のある方
費用 200円(茶菓子代)


事業趣旨
前回は、コミュニティカフェを運営している2団体から、立ち上げ時の体験談を中心にお話いただいた。その際、参加者から更に多くのことを知りたいという要望が出たことから、今回、パート2を企画。更に、意見交換会などの場を設け、交流を深められるカフェを企図した。
■チラシはこちら[pdfファイル]

報告事項
「このまちで、いつまでも、元気で、楽しく、暮らしたい」をスローガンに揚げ、高齢者が気軽に立ち寄り、楽しくコミュニケーションが行える「大沢みんみんの館(いえ)」。“ご近所さん同士”から始まる想いを形にする第一歩は、色々な活動に参加しながらの模索から。「いい人との出会い、仲間との話し合いでここまできました」と高橋さん。キーワードは「責任・継続・励み」とのこと。大変参考になりました。
参加者の方々からの感想は以下の通り。 

前回(第20回さが丸カフェ)参加者からの要望を反映し、タイトルも「想いをかたちに!コミュニティの場のつくり方 Part2」として開催、想いを形にするには具体的にどうしたらよいかに焦点を当てた。参加者からは現場の話が聞け、参考になったといった 意見をいただき、前回に引き続き好評であった。 今後もテーマ選定など参加者の意見を反映していきたい。

サイト内全文検索


外部リンク

協賛企業

※バナー広告募集中

ページのトップへ戻る